歯槽膿漏にならないために知っておきたいこと

歯槽膿漏にならないために知っておきたいこと

身体への影響

まず最初に歯槽膿漏はとても恐ろしい病気だということを理解してください。放置をすることがどれだけ危険かということを考えさせられます。歯槽膿漏が進行してしまうと、全身への影響があります。歯周ポケットと呼ばれている溝がありますが、そこから細菌などの病原因子が血管経由で血液に流れ込んでしまいます。これが様々な病気を引き起こしてしまう恐ろしい原因です。

一度口内の細菌が全身を駆け巡ってしまうと、最悪死んでしまうような恐ろしい病気を引き起こしてしまう危険性があります。歯槽膿漏と関わりがある病気として、冠状動脈性心疾患が挙げられます。この病気は、突然激しい胸の痛みに襲われてしまう心筋梗塞や狭心症などの総称です。歯槽膿漏になっている人は血管に関する疾患の発症リスクが高くなると言われています。

この他に知られているのが歯槽膿漏と糖尿病との関係性です。様々な要因が重なって、歯槽膿漏の患者は糖尿病になる可能性が高いと言われてます。歯槽膿漏になってしまうと、血糖値を下げるインスリンの働きを阻害してしまう物質を産生してしまうからと言われています。阻害してしまうので結果的にインスリンが出なくなることで糖尿病になってしまう確率が高まります。